日本船燈株式会社/燈:ストーブ・ランプのご案内−石油ストーブ:お手入れ

燈:ストーブ・ランプ
【石油ストーブ】
  • ゴールドフレーム
  • お手入れ
  • 芯の交換
  • 困った時の対処法
  • お客様の声
  • Q&A

  • 【マリン】
  • 灯油ランプ
  • 電気ランプ
  • インテリア
  • エクステリア

  • 【農芸用保温器】
  • YK−2

  • お取扱い店一覧
    燈:ストーブ・ランプ−石油ストーブ:お手入れ
    メンテナンスにつきましては、下記の様に取扱いをして頂ければ、末永くご使用いただけますので、ご面倒ですが、清掃の仕方、芯の交換など、写真に従って行なって下さい。
    1 2 3
    ・上部わく金とほや受を止めているねじ(4ヶ所)を外す。 ・上部わく金を外す。
    4 5 6
    ・ほやを外す。 ・ほや受網を外す。 ・外したほや受網の小さい孔を歯ブラシ等で掃除する。
    7 8 9
      ・ほや受の溝部分と小さい孔を歯ブラシ等で掃除する。
    10 11 12
    ・ほや台止めねじ(3ヶ所)を外す。 ・ほや台を外す。  
    13(新タイプ) 14(旧タイプ) 15
    ・ほや台の内側の溝部分と小さい孔を歯ブラシ等で掃除する。
    ・ほや台下部通気板の小さい孔を歯ブラシ等で掃除する。
      旧タイプは17番へ
    16 17 18
    新タイプのみの作業です。 ・耐震自動消火装置をセットする。(消煙器ピンに引上げ棒を引っ掛け、勢いよく上げそのまま2〜3秒静止させ、ゆっくり引上げ棒を外す。取扱説明書P6「点火前の準備と確認」参照。)
    19 20 21
    ・消煙器ピンを外す。 ・消煙器を外す。 ・硝煙器の細かい孔を歯ブラシ等で掃除する。
    22 23 24
    ・口金しゃ閉筒を外す。 ・口金しゃ閉筒の細かい孔を歯ブラシ等で掃除する。 ・ほや受台の溝部分と小さい孔を歯ブラシ等で掃除する。

    25

    26 27
      ・置台止めねじをゆるめる。 ・置台から本体を外す。
    28
    これで終了です。
    上記、写真の手順にて、お手入れを実施して下さい。
    組立ては、外した順序の逆での取付けを行なって下さい。
    ・防じん板を外し、細かい孔を歯ブラシ等で掃除する。    
    ▲PAGE TOP
    お取扱いの注意
    写真では、取り扱い方法を判りやすくする為、素手で行なっていますが、お客様は、作業用の手袋(軍手など)をしてお取り扱い下さい。 又、作業にあたっては、消化後充分時間を置いて下さい。熱い状態での取り扱いは危険です。(目安として消火後約1時間。)作業に際しては、周囲に油、ゴミ、ホコリ等が、飛散する事があります。必ず汚れ防止を行なって下さい。
    ▲PAGE TOP